ニューススコープ

第5回高機能金属展(メタルジャパン)に出展

2018年12月5日~7日に幕張メッセ(千葉市)で開催された「高機能金属展」(主催:リード エグジビジョン ジャパン(株))は、さまざまな金属材料や、その加工機械、分析・検査機器、鋼材流通など、高機能金属に関するあらゆる技術・製品を網羅した日本最大※1の展示会です。第5回となる今回は、約800社が出展し5万9072人の来場がありました※2
神戸製鋼グループは、銅板および銅管の優れた技術や豊富な製品群を展示しました。銅板では、従来の品種およびめっきのラインナップに加え、新分野へターゲットを絞り、べーパーチャンバー用途や散熱部材用途のPRを行いました。銅管では、CTX、細径溝付管、加工管、熱交換器((株)コベルコ マテリアル銅管製溝付管使用)を、神鋼リードミック(株)からは主力製品を積極的にアピールしました。展示ブースには多数の来場者が訪れ、熱心に説明を聞かれていました。

ご来場いただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

※1同種の展示会との出展社数の比較による    ※2同時開催展含む

高機能金属展の詳細はこちらからhttps://www.metal-japan.jp/
(株)コベルコ マテリアル銅管 http://www.kmct.jp/
神鋼リードミック(株) http://www.shinko-leadmikk.co.jp/

<展示会概要>

名称:第5回高機能金属展(メタルジャパン)
日時:12月5~7日
場所:幕張メッセ(千葉市)
主催:リード エグジビジョン ジャパン(株)
神戸製鋼グループの主な展示内容:
銅板および銅管の技術や製品群。銅板では、従来の品種やめっきのラインナップに加え、べーパーチャンバー用途や散熱部材用途を、銅管では、CTX細径溝付管、加工管、熱交換器((株)コベルコ マテリアル銅管製溝付管使用)を、神鋼リードミック(株)からは主力製品を展示。
 
一覧へ