桜と日本人
「世の中は三日見ぬ間の桜かな」という俳句がある。世の中の移り変わりの早さを三日で散ってしまう桜に映して詠んだ句である。作者は大島蓼太という江戸時代の俳人。一斉に開花し、満開になると瞬く間に散ってしまう桜の儚さは、古くから日本人の心を深くとらえてきた。
 
花見の起源
花見という風習があるのはおそらく日本だけだろう。花見が初めて記録に残されたのは、812年に嵯峨天皇が京都の神泉苑で催した「花宴の節」だと言われている(「日本後紀」)。この花宴の後、貴族の間では花見が盛んに行われるようになった。
桜が尊ばれたのは貴族の間だけではない。庶民にとっても桜は特別な木だった。桜が咲くのは、稲の生育を司る神様が山から田に下りて来たしるしと考えられており、桜の花が開くと人々は桜の根元に酒や食べ物をお供えして、神様を歓迎した。酒や食べ物を皆で分け合い、満開の桜の下で神様とともに時間を過ごしながらその年の豊作を祈ったのだ。
それが現代のような花見になったのは江戸時代、徳川吉宗の時代だとされている。当時上野寛永寺は桜の名所だったが、庶民が気安く行けるところではなかった。そこで吉宗は、隅田川堤や飛鳥山などに桜を植えさせて、庶民の娯楽のために開放することにした。こうして、庶民の間にも花見の風習が定着し、桜の季節になると、老若男女がこぞって賑わいをみせたという。
 
花見と弁当

「長屋の花見」という落語がある。貧乏長屋の大家が店子たちに風流を味わわせようと花見に連れて行く噺であるが、弁当の中身といえばお金がないので、玉子焼は沢庵、蒲鉾は大根、お酒も番茶を薄めたものだったりする。こうした弁当を目の前にしながらの店子たちと大家とのやりとりの滑稽さと哀しさがこの噺の魅力になっているのだが、日本で花見が多くの人から楽しまれてきた理由のひとつは、この弁当という文化にあったのかもしれない。
桜が咲けば弁当をもって花見に出かける。日本の弁当は色も味も華やかで、桜の下で広げるだけで楽しい気分になる。海外では冷めたものを食べる習慣がないので、ピクニックに持っていくものと言えば、サンドウィッチやスナック菓子くらいのもの。そこにいくと、日本の弁当は、箱のなかに季節感や山海の食材を異なる味付けで、彩りあざやかに詰められている。しかも冷めても美味しい。フランスでは「BENTO」として、いま大人気だと聞く。まさに、「食」のクール・ジャパンである。
昨年12月、食文化としての「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録された。いろいろな年中行事と密接に結びついて育まれた「和食」を見直すいい機会かも知れない。さて、今年の花見はどんなお弁当を持って出かけますか。
ちなみに「長屋の花見」のオチは、店子の一人が湯のみをじっと見て「大家さん、近々長屋にいいことがあります」「そんなことがわかるかい?」「酒柱が立ちました」となるのだが。お後がよろしいようで。

 
 
 
 
copyright (C) kobelco all rights reserved.