縁起の良い食べ物とされてきた昆布
昆布は「よろこぶ」に語が繋がるとして、古くから縁起の良い食べ物とされてきた。日本の文献に「昆布」が最初に登場したのは、奈良時代の『続日本書記』だといわれ、そこには、蝦夷の須賀君古麻比留という首長が昆布(比呂米)を毎年朝廷に献上していたという話がでてくる。献上されたということから、昆布は貴重なものとして扱われてきたのだろう。平安時代の『延喜式』には、昆布が、税や、仏事、神事に使われていたことが記されている。
古くから重用されてきた昆布であるが、日本全国で採れたわけではない。同じ海藻でも、ワカメは北海道から九州まで広く収穫されてきたが、昆布は東北から北海道にかけてのわずかな海でしか収穫できなかった。そこに貴重性があった。
 
日本各地で昆布文化が花開いた
北海道の昆布が本州にもたらされたのは、北前船という廻船によってである。北海道から日本海沿岸の寄港地を辿るのであるが、なかでも富山には大きな港があり、昆布の一大商圏をつくっていった。現在でも富山県の昆布の消費量が日本一を誇っているのはそのためである。やがて北前船は福井の敦賀まで延び、陸路を経て琵琶湖を渡り京都にまで到着することになる。
その後、江戸時代になると海上交通はますます盛んになり、下関を経由して瀬戸内海を通る西廻り航路ができると、昆布は天下の台所である大阪まで運ばれるようになった。さらに、昆布の道は九州、琉球王国、中国(清)へと延びていくことになるのだが、昆布はその地方ごとの産物や文化と結びつき、独自の食文化を生みだしていった。例えば、北陸では昆布を薄く削るとろろ昆布やおぼろ昆布が生まれた。京都ではだし汁に使われるようになり、大阪では昆布の佃煮が作られるようになった。
沖縄では現在でも豚肉や野菜と炒めたり、煮込んだりと、昆布はよく使われている。南国沖縄の料理に北の果てから届いた昆布が多く使われているのは意外だが、これは、沖縄を基点として中国に昆布が輸出されていた時代の名残である。
さて関東であるが、昆布が伝わったのが遅かったせいもあるが、独自の昆布文化は生まれなかった。だし汁としてはすでに鰹節が定着していたこともあるかもしれない。昆布が東京の一般家庭の食卓に乗るようになるのは昭和になってからなのだという。
 
日本の行事と結びついた昆布
日本には、結納に昆布を添える風習がある。これは、「子産婦」「子生婦」という字と「こんぶ」を掛けたもので、丈夫な子供を授かるように子孫繁栄の象徴として贈られてきた。また、昆布は海底にあるとき、一つの株からいくつもの枝を伸ばしているため、その生命力にちなんだとも言われている。正月の定番である鏡餅といっしょに昆布を飾る風習があるのも、こうした昆布の力にあやかったものだろう。
しかし、そんな日本の行事に欠かせない昆布であるが、ここ数年収穫量は激減している。北海道では昨年に比べ収穫が2割も減少したという。海水温度の上昇が原因だそうだが、こればかりは昆布の生命力をしても叶わないということか。
 
 
 
 
copyright (C) kobelco all rights reserved.