手拭は汗や顔や手を洗った後の水を拭ったり、入浴時に体を洗ったりするための木綿の布である。本来は寒暑除けや塵除けなどの目的や、祭礼においての装身具として頭にかぶるものであったらしい。
手拭いの歴史は古く、奈良時代の神仏の飾り付けや清掃を目的とした布に始まる。
平安時代になると神祭具として神事に身に纏う装身具として使われるようになった。まだ当時の布は貴重なものであったため祭礼などを司る一部の身分の高い人しか手にすることはできなかった。室町時代になると湯浴びの体を拭うために使われるようになったそうである。
一般庶民に幅広く一般に使用されるようになったのは江戸時代になる。
綿花の栽培が広まった江戸時代には木綿の織物とともに普及していった。
さらに奢侈禁止令(しゃしきんしれい)によって贅沢を禁止して倹約を推奨・強制するための法令が発せられたことによって、絹織りの着物が禁止され木綿の着物が普及していった。その木綿の端切れは庶民に欠かせない生活必需品になっていき、このごろから「手拭」と呼ばれるようになった。そして実用品としてだけでなくその用途は粋なおしゃれ用品としても広まっていき、庶民にとっては常に持ち歩く必需品となっていった。
江戸時代の職業においてもさまざまな場面で見ることができる。薬売りや瓦版などの物売りの被り物、また落語や日本舞踊などの小道具として、祭りなどの衣装の一部としても使用されていった。
また歌舞伎の様々な場面や役柄で使われ、庶民に与えた影響も大きかった。さらにその影響は、名称のない被り方が、歌舞伎に由来して名付けられたり、また歌舞伎の演目で使われた被り方までが流行ったとされている。
時代劇でもよく見られるシーンで切れた鼻緒の変わりに、負った傷の手当に包帯として使われるなど手拭の必要性は浸透していった。
 
被り物としての手拭
手拭のかぶり方はさまざまである。頭に被ると「鉢巻き」「姉さん被り」。
頭と頬を被った「頬被り」。頭に乗せただけで結ばない「着流し」。
「鉢巻き」にもいろいろな被り方があって、それぞれ意味を持たせていた。
前で結んだ際に端を一本にまとめて、上に突き出してカブトムシの角(つの)の様にする「向う鉢巻」。江戸時代から鳶職に代表される被り方「喧嘩鉢巻」。その他「横鉢巻」「捻り鉢巻」などがある。
また紐状にしないで鉢に巻く「子守被り」「道中被り」などもある。
少し年配の方なら「姉さん被り」母親がはたきを持って掃除するときに被っていた様子を思い出されることだろう。
その他にも安来節のどじょうすくい踊りで被る「素男被り」(すっとこかぶり)。有名な鼠小僧や泥棒が被る「鼻掛け」(はなかけ)などその用途は広がり、庶民の生活の中に浸透していった。

肌触りの心地よいタオルに、美しい絹のハンカチなどに、現在ではすっかり姿を変えていった手拭い。生活用品の中からその存在を忘れられそうにさえなってきている。しかし先人の知恵と工夫によって長い歴史の中で使われてきた「手拭い」には日本人の魂が染み込んでいるような気がする。
 
 
 
copyright (C) kobelco all rights reserved.