春を運ぶ神様
春は突然やってきて、いつのまにか冬を追いやってしまう。
春の風が吹き出したら、寒さに身を縮めていたのが嘘のように、身も心も軽やかに動き出す。しんみりと始まる秋とは違って、春の到来はにぎやかで華やか。まるで誰かが春を連れてきたようでもある。



これは和歌の名手、順徳天皇が読んだ和歌。「佐保姫が染めてゆく野辺は、幼い娘たちが袖から腕をあらわにして、若菜を摘んでいるらしい」と、草花をつむ娘たちの春の情景を詠んでいる。
この野辺を染めていく「佐保姫」とは誰なのだろうか。

八百万(やおよろず)の神々がいる日本では春の神様も存在する。
五行説では春は東の方角にあたることから、奈良時代、平城京の東に位置する佐保山は春の象徴とされた。
そして春をつかさどる神を「佐保姫」と呼ぶようになったという。
佐保山は桜の名所。とくに佐保川沿いはみごとな桜並木が彩ることになる。

芽吹きの春をつかさどる神、佐保姫。その響きだけで美しい姫を想像してしまうが、言い伝えでは、佐保姫は白くやわらかな春霞をまとう若い女性だそう。春にたなびく霞は佐保姫の衣の裾。なんとも幻想的である。


歌人に好まれた佐保姫

佐保姫はまた、染色と織物の神ともいわれていた。そんな佐保姫は歌人に好まれ、多くの和歌に詠まれており、佐保姫は春の季語となっている。



これは平兼盛が詠んだ和歌である。「佐保姫が染めて青柳にかけた糸を、風で乱さないでくれ、春の山風よ」と、糸がもつれると織物をする佐保姫が困るだろうからと詠んでいる。
佐保姫は染色と織物が得意であったが、もう一人、染色と織物が得意な季節の神様がいる。「竜田姫」と呼ばれる秋の神様である。五行説では秋は西の方角にあたり、平城京の西に位置する竜田山は秋の象徴とされた。竜田山は紅葉の名所である。
染色と織物が得意な二人の姫は好みの色が違うようで、佐保姫は桜の薄ピンク色をはじめとして、やわらかいパステル色に野山を染め、一方、竜田姫は、鮮やかな赤や黄に野山を染める。対照的な姫君によって、彩り深く季節は染め上げられていくのである。

ちなみにその他の季節の神様も存在し、夏の神様は「筒姫」、冬の神様は「うつ田姫」という。日本の四季はみな、女性がつかさどっているのである。一方、中国の四季の神様はみな男性というから面白い。彩り豊かな日本の四季には女神が似合う。

今年の桜の開花は平年より早くなるのだとか。
ただよう風に春の香を感じたら、ほころんだ花々の明るい彩りをみつけたら、それはおそらく、あでやかな佐保姫がいらしたあかしである。
 
 
 
copyright (C) kobelco all rights reserved.