お祭り騒ぎが好きな江戸っ子たち。江戸では年間を通して、さまざまなイベントが行われていた。そのいくつかは、現代にも年間行事として受け継がれている。3月3日のひな祭りや、5月5日の子供の日なども、そのひとつだ。こうして現代に残されている行事の中には、時が経つにつれて今風にスタイルを変えてしまっているものも多いが、ひな祭り、子どもの日といった行事は比較的元来の祝いのスタイルそのままで伝えられてきているのではないだろうか。日本の風習や文化を自然に感じることができる良い機会でもある。
 
ルーツは、中国から伝わってきた邪気を払う行事。
 5月5日の子どもの日は、いわゆる「端午の節句」である。そして端午とは“はじめの午の日”という意味だ。この“はじめの午の日”が現在のように5月5日に定着したのは、漢代にまでさかのぼるという。もともとは中国の行事だったものが、日本へと伝わってきたのは平安時代。それから、日本でもこの行事が行われていた。中国では、この日は邪気を払う日とされており、当初日本でもそれと同じ意味合いで行われていた行事であった。“邪気を払う力がある”(匂いが強く、形が刀剣に似ているからという説がある)と信じられている、菖蒲を軒につるしたり、家の中に飾ったりしていたのも、中国からの風習そのまま伝えられたものであった。
 このように従来は邪気払いの意味が大きい「端午の節句」であったが、現在のように男の子の節句とされたのは、中世になってからである。その理由は、この節句には欠かせない菖蒲が「尚武」つまり武術や勇気を尊ぶことに通じるとした、言葉もじりからのようだ。武家の時代には、邪気払いというよりも、むしろ男の子の初節句として出世を願う祝い事の色が強調されたイベントになっていたようである。とはいえ、その背景には菖蒲を使った邪気払いの意味合いもきちんと残され、例えば銭湯でも健康を願って菖蒲湯がたかれた。菖蒲湯に入ると病気を寄せ付けなくなるといういわれは今でもお馴染みであるし、5月5日は菖蒲湯に入るという人も多いだろう。
 
バリエーションが生まれた五月人形。
 さて、5月5日、江戸の武家では、武家の制服である小袖長袴に、帷子(かたびら)で将軍にちまきを献上するしきたりがあったと記録されている。庭先には家紋や鍾馗(しょうき)像が描かれた幟旗や簡単な武者人形や兜形のものを作って立ててあった。しかし、こうしたものは、外においてあったのでは雨が降った時に大変だということで、次第に小型のものを室内に飾るようになったという。その際、人形や甲冑もだんだん現在の五月人形のように精巧になっていった。
また、人形の種類も、武者の兜人形から鍾馗、金太郎、牛若丸などのヒーローもののバリエーションが豊富になっていったようだ。当時、日本橋近くの本町と石町の間の大通りは十軒店と呼ばれており、この場所や両国広小路ではひな祭り時季になると盛大に「雛市」が出たとして有名であるが、「端午の節句」でも同様に「人形市」が出て賑わいを見せた。
 
出世の象徴“鯉”に姿を変えた、幟。
 現代の子どもの日のシンボルといえば風になびく鯉のぼりであるが、これは中国の竜門伝説(黄河上流の竜門にのぼることのできた鯉は竜になれるという伝説)から立身出世の象徴として飾られるようになったという。一番最初は小さな紙製のものが主流であったようだが、武家階級が家紋を記した幟や、輪に長い絹を張り、さおの先に結び付けたいわゆる「吹き流し」を玄関先に並べ立てたことに対抗して、町人階級が武具代りに鯉の形の吹貫(吹き流しに似た旗の一種)を戸外に立て始めたのが、今の鯉のぼりの始まりだ。負けず嫌いで、お祭り好きの江戸っ子らしいエピソードである。もっとも、現代のように大きく立派になったのは明治以降のことであるが……。
 そういえば「江戸っ子は五月の鯉の吹き流し、口先ばかりで腸(はらわた)は無し」ということわざがあるが、これは江戸っ子の気質を見事に、しかもユーモラスに捉えた傑作だと思う。そして、町内を彩る鯉の吹き流しを眺めながら、江戸の人たちも子供たちの成長を願っていたのに違いない。逞しく健康に育って欲しい、という親の願いは、今も昔も少しも変わらないのであった。
 
 
 
copyright (C) kobelco all rights reserved.