どちらが好み? 2つの桜餅
日本の和菓子には、季節感のある花鳥風月をかたどったものが多い。春の訪れを感じさせてくれる和菓子といえば桜餅。見た目に美しい桜色と、独特の桜の葉の香りで、この時期にはぜひとも食べたくなる和菓子である。
ところで桜餅には、2つの別々な種類があることにお気づきだろうか。
おもに関東で桜餅として知られているのは、「長命寺餅」と呼ばれるもの。これは、小麦粉でできた生地を薄く伸ばして焼き、その皮の間にあんを包んでいる。長命寺餅という名前は、東京・向島の長命寺に由来している。江戸時代、長命寺の門番が、隅田川堤に落ちている大量の桜の葉を何かに使えないものかと考えた。そして、桜の葉を塩漬けにし、この葉で包んだあん入りのもちを売りだしたところ、江戸の人々の間で人気を博したそうである。
隅田川沿いの桜並木は今でも東京の花見の名所だが、この桜は徳川将軍・吉宗が向島を訪れた折に、隅田川の堤に桜の木を植えるように命じたものだという。そのころの人々も長命寺餅を食べながら、桜の花見をしたのだろうか。
 
もち米の食感が楽しい道明寺餅
一方、関西で知られる桜餅は「道明寺餅」と呼ばれるものである。これは、細かく砕いたもち米を蒸して餅のようにし、この中にあんを包んだもので、もち米を粉にした道明寺粉で作られていることからこのように呼ばれるようになった。
道明寺とは、大阪・藤井寺に古くからある寺である。伝えられるところでは、今から千年以上も前、学問の神様として知られる菅原道真の伯母がこの寺におり、糒(ほしい)を作ったという。糒とは、もち米を蒸してから乾燥し粉状にした、一種の保存食であり、食べるときは粉を蒸して餅のようにする。道明寺の糒は、これを食べると病気が治ると人々の間で評判となり、その後、道明寺粉として人々が食べるようになったようだ。
一口食べてみればわかるが、道明寺餅は普通の餅と比べると米の粒が粗く、プツプツとした独特の舌触りがある。この食感こそが道明寺餅の魅力といえるだろう。
 
独特の風味を作り出す桜葉
和菓子は五感の芸術とも言われ、味覚だけでなく見た目や香りも美味しさ、楽しさの要素である。桜餅で欠かせないのが、あの独特の香りであり、塩漬けにした桜の葉である。
日本に自生する桜は約100種あるといわれるが、どんな桜の葉でも桜餅に使えるかといえば、そうでもないようだ。現在の桜餅に使われているのは、オオシマザクラという種類である。3月下旬から4月中旬にかけて、房総半島や伊豆半島を訪れると、ソメイヨシノとは違う白い花と緑の若葉が美しい桜に出会うことがある。これがオオシマザクラである。
オオシマザクラの葉には、他の桜に比べて香りが豊か、色や形が美しい、葉の表面に細かい毛がないなど、桜餅に使うのに都合のよい特徴がある。また塩漬けした葉が柔らかで、餅といっしょに食べられるのも、この種ならではのよさである。道明寺餅で有名な京都嵐山の茶屋では、あんを包んだ道明寺餅だけでなく、あんを使わない真っ白な道明寺もちを桜の葉で挟んだものも売られている。素朴な味わいながら、それだけ桜の葉の自然な香りが楽しめると、根強い人気があるようだ。
桜餅に使うオオシマザクラの葉は伊豆・松崎の名産であり、今では全国の約7割がここで生産されている。松崎では、毎年、春から夏にかけて若いオオシマザクラの葉を丁寧に手摘みし、半年間塩漬けにする。塩漬けにすることにより、独特の香りの成分が生まれ、風味がよくなる。

もうすぐ日本列島の南から桜の便りが届きはじめ、山にはやわらかな霞がかかる。桜の花の下で、桜餅の香りと日本茶の香りを楽しむ季節。私たち日本人のだれもが心浮き立つ春は、まもなくやってくる。
 
 
 
copyright (C) kobelco all rights reserved.