Back No. に戻る
 
 
正月といえばよく耳にするのが雅楽の響きである。西洋の慣れ親しんだ音とは全く違う響き、フレーズ、演奏形態。しかし、その醸し出す音楽になぜが懐かしさを感じていることも確かである。雅楽は古代から日本にあった歌や舞に、中国大陸から伝えられたアジア諸国の器楽曲や舞踏が総合されて成立したもので、現存する集団演奏形態としては世界最古のものといわれている。後に発達する能や狂言、神楽など多くの日本の伝統芸能がこの雅楽の影響を受けてきた。演奏される楽器も雅楽独特のもので、今日までそのかたちを変えることなく継承されているという。
そんな雅楽に欠かせない楽器のひとつに笙(しょう)がある。そして、この笙という楽器には、銅が重要な役割を果たしているという。今回の特集では、1300年の伝統を引き継ぐ雅楽の魅力とその秘密を、笙を手がかりにして掘り下げてみようと思う。
 


 
 
雅楽の歴史と笙の魅力について
   
笙の製造工程を訪ねる
   
古代の打楽器に使われている銅
 
 
Back No. に戻る
 
copyright (C) kobelco all rights reserved.