Back No. に戻る
 
 
 
上海市の中心部から高速道路を利用して車で約2時間。江蘇省蘇州市にある蘇州高新区という産業開発区に神鋼汽車鋁部件(蘇州)有限公司はある。中国における自動車生産台数は伸び続けており、それにともなって車体の軽量化に欠かせないアルミサスペンションの需要も、近年急速に拡大しているという。この工場は、自動車サスペンション用アルミ鍛造部品の製造拠点として、8月20日に第一期工事を終え本格稼動を開始した。
神戸製鋼はこれまで、大安工場(三重県いなべ市)、Kobe Aluminum Automotive Products LLC(KAAP、米国ケンタッキー州ボーリンググリーン市)で自動車サスペンション用アルミ鍛造部品を製造しており、今回の神鋼汽車鋁部件の稼動開始により、日・米・中三極生産体制が整ったことになる。


 
 
中国での需要拡大に万全の体制で臨む
   
最先端の設備で本格稼動を始めた工場
   
500社の日本企業が進出する蘇州高新区
 
 
Back No. に戻る
 
copyright (C) kobelco all rights reserved.