Back No. に戻る
 
 
2008年7月に着工し、日に日にその姿を変えて人々の注目を浴びてきた東京スカイツリーがこのほど完成し、2012年5月22日オープンした。
新時代の電波塔として建設された東京スカイツリーは、634mという自立式電波塔としては世界一の高さを誇る。また、東京スカイツリーの周辺には商業施設やオフィス棟も建設され、東京スカイツリータウン®と呼ばれる街も誕生した。
東京の新名所として話題になっている東京スカイツリーの魅力と建設技術の一部を紹介する。

事業主体: 東武鉄道
東武タワースカイツリー
事業主体(熱供給): 東武エネルギーマネジメント


 
©TOKYO-SKYTREE
 
 
東京スカイツリーの特徴と役割
   
634mへの挑戦 −東京スカイツリーの構造と技術−
   
ここから新しい街が誕生する −東京スカイツリーを支える地域開発−
   
東京スカイツリーに貢献する神戸製鋼の製品
 
 
Back No. に戻る
 
copyright (C) kobelco all rights reserved.