昭和 30 年( 1955 年)、日本で初めて電気の力で自動的にお米を炊くことのできる「電気釜」が発売された。家事の負担を減らすために作られた電気釜は、またたく間にヒットし、日本の台所に欠かせない製品となっていった。
 

昭和 30 年代の電気釜販売の様子
自動炊飯をアピールするため、デパートなどで実演販売が行われていた
(写真提供:東芝科学館)

 
1 日 3 回、365 日。重労働だった炊飯

お米を主食とする日本で、炊飯は毎日の欠かせない家事である。電気釜が製品化される以前、炊飯は主婦にとってたいへんな重労働だった。家族の誰よりも早く起き、かまどに薪をくべて火をおこす。ひとたび炊きはじめれば、小 1 時間は目を離さずに火加減を調節しなければならない。
「はじめチョロチョロ、中パッパ、赤子泣いても蓋とるな」
かまどでの炊飯は、火加減や水加減を少しでも間違えれば、焦げたり、生煮えになってしまう。毎日、毎食、おいしいご飯を食卓に上げられなければ主婦として失格・・・新米主婦にとって炊飯は大きなプレッシャーだっただろう。

 
主婦に睡眠時間を!台所に革命をもたらした電気釜

誰もが、手軽に、おいしいご飯が炊けるお釜があれば・・・主婦たちの願いを受け、電気釜の開発が進められた。実は、電気を使って炊飯やご飯の保温をするという発想は文明開化の頃からあり、それまでにも「電気かまど」「電気おひつ」などいくつかの製品が開発されていた。しかし、使い勝手の悪さなどから普及するまでには至らなかったという。
三種の神器(電気冷蔵庫、電気洗濯機、テレビ)が流行しはじめ、本格的な家電時代が到来すると、昭和 30 年、ついに日本で初めて自動式の電気釜が登場した。当時の電気釜の基本的な構造は、釜の底にひかれた電熱ヒーターで内釜を加熱するというシンプルなもの。第一号機を発売した東芝は試作を重ねた末、外釜に水を入れ、その水の蒸気で炊き上がりを感知して自動的にスイッチが切れる仕組みを開発した。
この製品のフタ、内釜、外釜の内側に使われていたのが、アルミニウムである。熱の伝わりのよいアルミニウム製内釜は、その後、電気釜の内釜の主流となり、日本中の家庭に活躍の場を広げていった。

 

さらに便利に、もっとおいしく。進化する炊飯器

お米にこだわる日本で、電気釜はその後も進化し続けている。炊き上がりを好きな時間に設定できるタイマー機能、ご飯を温かく保つ保温機能、微妙な火加減をコントロールできるマイコン機能など、おいしさと利便性をアップさせる機能が次々に登場。 1988 年には、電磁加熱方式でより強い火力で炊飯できる IH 式炊飯器が発売され、現在の主流になっている。
火力を無駄なくお米に伝えるため、内釜も進化している。人気の IH 式炊飯器では、外側に発熱性の高いステンレス鋼、内側に熱の伝わりがよく、軽量なアルミニウムを使用した多層タイプの釜が多く使われている。また、最近では、より強い火力で炊き上げるため、釜の外側に発熱性の高い銅メッキを施した製品も登場している。
電気釜に始まり、より高性能に進化した炊飯器は、お米を愛する日本ならではのこだわりが詰まった製品である。つやつやと輝く、まっ白なご飯。日本人のごちそうは、台所の片隅のお釜から今日も湯気を上げている。

 
 
 
copyright (C) kobelco all rights reserved.