w
 
 
 
 

35年間、台風を監視続けた富士気象レーダードーム(当時の様子)
富士山レーダードーム館資料より
  台風から日本を守る。待ち望まれた富士気象レーダー
   
 

1965年(昭和40年)、富士山頂に気象レーダードームが出現した。
直径9メートルのドームのなかに気象レーダーが収められ、設置場所の標高、送信出力、探知範囲、いずれをとっても当時の世界一を誇るものであった。
完成からさかのぼること 6年前、 1959年(昭和34年)に伊勢湾台風が紀伊半島を襲った。5000人以上の死者・行方不明者を出し、他に類をみない大災害となった。これを契機に望まれたのが富士気象レーダーである。気象レーダーは、ビーム状に発射したマイクロ波が降水に当たって反射してくる電力を検出し、降雨強度などの情報を得る装置だ。日本最高峰である富士山頂に設置すれば、気象レーダーの探知範囲が広がり、台風を早期に発見できるようになる。伊勢湾台風のような甚大な被害を未然に防ぐことができるのである。富士気象レーダーの実現は、気象関係者の長年の悲願であった。

     

ヘリコプターで運搬されたアルミドーム
富士山レーダードーム館資料より
 

過酷な環境に合わせ選ばれたアルミニウム

   
 

1963年(昭和38年)から調査が行われ、いよいよ気象レーザーが富士山頂に設置されることとなった。かつてない高地での設置工事である。作業は困難を極めた。施工は雪の降らない夏の 2 か月間に限られたが、それでも永久凍土と呼ばれる雪の塊が施工の妨げとなった。また、希薄な酸素によっておこる高山病でつぎつぎと作業員が下山していった。さらに問題となったのが大量の資材の運搬で、それまでの馬などに頼る方法ではとても対応できなかった。ブルドーザで道を切り開きながら運搬したり、ヘリコプターで空輸する方法がとられた。

レーダーを覆うドームは、ヘリコプターで山頂まで運び、ホバリングを続けながらレーダー塔に固定するという方法がとられた。噴火口付近の乱気流に巻き込まれたら最後、パイロットの経験と腕だけが頼りの強行作戦である。そのためドームの骨組みはできるだけ軽くし、運搬、設置を行いやすくする必要があった。さらに、冬期マイナス35.5 ℃、瞬間最大風速100 メートル / 秒という厳しい気象条件も考慮しなければならない。そこで骨組みに選ばれたのがアルミニウムである。アルミニウムは耐候性、耐食性にすぐれ、そして軽量である。ドームに最適な特性を備えたアルミニウムは、はるか空高く、熟練のパイロットによって富士の頂に登り、台風の番人として登場したのである。
 
35 年の役目を終え、下山
 

完成した富士気象レーダードームは、その広大な探知範囲を利用して東京の気象台に気象データを送り続けた。日本の最も高いところで行われた観測業務は、台風の早期発見に大きく役立ったことは言うまでもない。我が国における気象観測の精度向上に大きく貢献した富士気象レーダードーム。現在は、35年の役目を終え、ふもとの山梨県富士吉田市「富士山レーダードーム館」に展示されている。

 
 
 
copyright (C) kobelco all rights reserved.