さる6月13日、「流通機構営業マン表彰制度2007年度 表彰式」を行いました。この表彰制度は当社製品の販売で優秀な成績をおさめられた方々を表彰するものです。
今年で38回を迎え、粘り強く独自の営業活動によって大きな成果を上げられた方々が選ばれました。
受賞された方々の今後のご活躍を期待しています。
 
新規需要家開拓賞
 
神鋼商事株式会社
アルミ製品第二部 加工品グループ
倉光 宏明 氏
受賞対象製品:
・OPCドラム基盤(抽伸管)
 
まさかこのような賞をいただけるとは思っていなかったので驚きました。素直にとても嬉しいです。神戸製鋼の方々に協力してもらって達成できた事だと思うので、たいへん感謝しています。
当社としては、セットメーカーにOPCドラム基盤を納品することは今回が初となります。新規ユーザーとなるため、常に情報収集を行うよう心がけました。またコスト意識や環境意識の高いお客様だったので、さまざまな要求に対して最適な対応をしてきました。
納めた製品が使用された複写機は、発売当初は販売数が少なかったのですが、下期には販売数が約1.5倍に伸び、人気機種に成長しました。神戸製鋼の高い技術やブランド力をバックグラウンドとして、神戸製鋼が行ってきたVA提案を通じて生産能力を高めていったことが良い結果に結びついたのではと考えています。
商社はサービス業だと思うので、こまめなフォローを心がけて、仕入れ先もお客様も皆が喜べるようなサービスを提供していけたらと考えています。
 
 
浅井産業株式会社
非鉄第1営業部
杉野 晃浩 氏
受賞対象製品:
・自動車ABSハウジング
 【品種】6061-T6 押出品
 
今回受賞対象となったお客様は、当社と神戸製鋼が十年来にわたってアプローチしてきた会社です。諸先輩方が蒔いていってくれた種がようやく花開いたため、これまで関わってこられた方々に恥じないようにしなければと、受賞を受けて気持ちが引き締まる思いです。
自動車ABSハウジングの納品に関してとくに苦労したのは梱包形態です。工程中、製品は吸着されて移動されるため、製品には合紙や間仕切りをせずに納品して欲しいと要望されました。合紙や間仕切りがないと輸送中に製品同士がどうしても接触してしまいトラコロが発生したり荷崩れが起こる可能性があります。既存納品メーカーは同一県内にあり、輸送距離は約150キロ。一方こちらは長府製造所(下関)から850キロ。5倍以上不利な状況でした。しかし長府製造所の方々と試行錯誤を繰りかえすことで、最終的には長距離輸送でも品質を確保し、お客様に満足いただける梱包形態にすることができました。長府製造所の方々には無理をお願いしたかもしれません。しかし地道な積み重ねが今回のシェアアップにつながったと思います。
今後もお客様のもとに足を運び、目を見て、ますます高まると考えられる自動車部品のアルミ化ニーズをくみ取っていきたいと考えています。
 
 
重点需要家拡販賞
神鋼商事株式会社
非鉄金属本部 アルミ製品第二部
輸送機材グループ
砂田 徳明 氏
受賞対象製品:
・自動車ドアビーム(押出加工品で完成部品)
 
今回の受注に対してこのように評価していただき、嬉しく感じています。
自動車ドアビームの営業においては、お客様のコスト低減要求が高く、加えて他材料との競争、そして同業他社との競争、たいへん厳しい交渉でした。最近ではアルミから鉄に逆戻りする採用傾向があるため、鉄とアルミのコスト差をなんとか縮める努力をしました。例えば「軽い」だけでなく、さまざまな加工を施すことによって最終的にはアルミの方がコストパフォーマンスに優れることをお客様に粘り強くアピールしました。またお客様とのやりとりで心がけたのは情報収集とスピードです。綿密にお客様のところに行って、いかに早く情報をキャッチするか、そして情報に合う技術、強みをアピールし、設計の方々を交えていち早く開発のスタートをきる。そうすればさまざまな加工を加えたり、低コスト化への工夫も盛り込める、ひいては鉄との競争に勝つこともできます。
今後、CO2低減をめざした低燃費化はいっそう進むと考えられ、これまでアルミでなかった部位も軽量化を求めてくると思います。そのためドアビーム以外の部品も視野に入れながら営業活動をしていきたいです。自らの知識を高めるとともに、他の自動車メーカーの動向も探りつつ、工場と一体となって、知恵と工夫で軽量化の果実をもぎ取っていきたいです。
 
 
山崎金属産業株式会社
小松支店
紺谷 敦氏
受賞対象製品:
・防需品
 【品種】アルミ鋳造品
     アルミ鍛造品
 
このような賞をいただき感無量です。
私どもは、防衛関連に使用されるアルミ鋳鍛品を納めています。特殊な分野となるため、信頼性が最も重要となります。そのため納期や製品の品質に対して、信頼のおけるサービスをお届けするのが私どもの仕事です。なかでも納期は絶対で、遅れることは許されません。現在、大安工場で製造された鋳鍛品を当社の在庫としてデリバリーしていますが、おかげさまで納期トラブルはこれまで1件もありません。また製品の品質に関しても神戸製鋼の鋳鍛品のレベルは高く、品質に関して確かな信頼を得ています。
最近では原料価格が高騰していますが、扱う製品の数量、金額が大きいため価格交渉は重要となります。難しい面もありましたが、きちんと説明することでご理解いただくことができ、このたび価格改善を図ることができました。
今後は流通機能としてのスキルアップを図りながら、引き続き大安工場と末永いおつきあいをしていければと望んでいます。
 
 
販売活動特別賞
住商メタレックス株式会社
統括第五部東京エレクトロニクスグループ
堀 博喜 氏
受賞対象製品:
・CDチェンジャー用トレイ
 【品種】プレコートKS760材
 
今回の受賞は、私一人の力ではなく神戸製鋼の方々、タイ、フィリピンにおけるお客様とがっちりスクラムを組んだ結果と考えています。
CDチェンジャーは世界的には、ゆるやかではあるがまだまだ需要が伸びており、我々はここに使用されるプレコート材を納めています。CDチェンジャーは車に搭載されるためCDに傷がつくと自動車メーカーにクレームがいってしまいます。そのためプレコート材は傷つきを防止する品質が高いレベルで要求されます。いかに不良をださないか、神戸製鋼の設計者とお客様と一体となって開発を進めてきました。これまで一緒に開発してきたという実績があったからこそ、今回、地金連動価格が受け入れられ、大きな価格改善を図ることができました。日ごろから神戸製鋼の品質対応がきめこまやかで高く評価されていたため、その神戸さんが言うならしょうがないと、お客様も納得していただきました。しかし受け入れてもらうまでの交渉は難しかったです。何度も何度もお客様のもとを訪問し、粘り強い交渉によって半年かけて目標を達成しました。
今後はVA提案でコストを下げていくのが、サプライヤーの使命と考えています。またCDチェンジャー以外の新しい分野への働きかけも進めていきたいと思っています。
 
 
copyright (C) kobelco all rights reserved.