〜6月2日、ケンタッキー州ボーリンググリーン市にて開所式を挙行〜
 
   
KAAP   開所式    
 
神戸製鋼、三井物産、豊田通商の自動車サスペンション用アルミ鍛造品製造合弁会社である「コウベ・アルミナム・オートモーティブ・プロダクツ社(Kobe Aluminum Automotive Products LLC、以下 KAAP)」は、現地時間の6月2日に開所式を開催しました。

式典には、日・米の有力自動車メーカーの代表者を始め、地元ケンタッキー州、郡、市からの来賓のほか、会社側からは神戸製鋼所 代表取締役会長 水越浩士、三井物産 代表取締役副社長執行役員 多田博氏、豊田通商 常務取締役 木原洋一氏など総勢約150名が出席しました。

KAAPは、北米自動車市場向けのサスペンション用アルミ鍛造工場として、2003年5月に設立されました。2005年6月から生産を開始し、既に日系・米系自動車メーカー向けに製品を出荷しています。北米では、日系自動車メーカーの現地調達が進捗している上に、環境規制を背景とした部材軽量化への取り組みとして、現地自動車メーカーによるアルミ鍛造品の採用拡大が見込まれています。こうしたことから、KAAPは、本年4月に2基目のメカニカルプレス機を導入、更に本年末には3基目の増設を計画しており、2008年までに年産能力を250万本〜300万本に増強して北米での需要増に対応していく考えです。

 
【Kobe Aluminum Automotive Products LLC 概要】
所在地 米国ケンタッキー州ボーリンググリーン市
代表者 藤井 拓己 (神戸製鋼からの出向者)
資本金 24,000千ドル(神戸製鋼60%、三井物産25%、豊田通商15%)
総投資額 65,000千ドル
設立 2003年5月設立(2005年6月生産開始)
生産高 2005年(実績) 37万本/年
2006年(計画) 130万本/年
2008年(計画) 250万〜300万本/年
主な設備 連続溶解鋳造設備、6,300トンメカニカルプレス2基、熱処理設備、検査設備
土地/建物 32.6エーカー(約130,000m2)、工場棟1棟、事務所棟1棟(合計、約12,000m2
従業員数 約110名
 
 
 
copyright (C) kobelco all rights reserved.