この度、財団法人クリーン・ジャパン・センターより、「アルミニウムスクラップ溶湯中の微細介在物除去における高効率フィルターの開発について」で、第10回リサイクル技術開発本多賞を受賞しました。
このグループのメンバーは、代表者・柳川政洋氏(アルミ・銅カンパニー技術部 現(株)コベルコ科研)、西誠治氏(技術開発本部)、増田隆平氏(アルミ・銅カンパニー技術部)、永倉豊氏(アルミ・銅カンパニーアルミ板研究部)、大隅研治氏(アルミ・銅カンパニー技術部 現(株)ファウンテック) の5名です。
「リサイクル技術開発本多賞」は、リサイクル関連開発に従事する研究者・技術者等へ提供・研究奨励する制度として提案されたもので、1996年に創設されました。
当社は、第1回の「使用済アルミニウム飲料缶(UBC)のリサイクル」についで、2回目の受賞となります。

 
 
copyright (C) kobelco all rights reserved.