8月4日5日に神戸国際展示場にて、「ひょうごエコタウン・エコプロダクツ展」(ひょうごエコタウン推進会議主催)が開催されました。この展示会は、「環境の世紀」といわれる21世紀に入り、持続可能な循環型社会へ急速にシフトする中、環境と経済(企業活動)が調和する社会づくりを進めるため、環境に配慮した製品や新技術を広くPRするとともに、製品の普及やビジネスマッチングの場を提供するために、開催された展示会です。
「スットプザ地球温暖化」をテーマに、神戸製鋼グループが取組んでいる省エネルギーと新エネルギーに関係する事業、製品や技術を中心に展示紹介しました。
アルミ・銅カンパニー関連では、アルミニウムは自動車軽量化において環境に大きく貢献し、地球温暖化防止に繋がる素材であることをPR。アルミ合金製フード、ドアビーム、バンパービーム、サスペンションメンバー、自動車用足廻り(サスペンション)部品の自動車関連製品を紹介致しました。神戸製鋼グループでは、人と環境の調和をめざし、環境先進企業グループとして、皆様の豊かな暮らしと輝く未来に貢献しつづけたいと考えています。

(ひょうごエコタウン推進会議:兵庫県が国の認定を受けた"ひょうごエコタウン構想"の支援組織)

 
 
copyright (C) kobelco all rights reserved.