TOP特集新製品・新技術歴史を見たマテリアル【新】こんなところにアルミ・銅
News Scope新・やさしい技術Zipang
 
 
 
アウトドアの新たな楽しみに、非常時の緊急対応に、子供の教材に。
 
省エネ、エコが言われてから久しいが、昨今、節電や自然エネルギー利用への新たな期待が叫ばれている。こうした中で太陽熱利用による簡易組み立て式の調理器具「エコソーラークッカー」が登場した。紙製で内側にアルミ箔が施されている。組立寸法は505×520×525(mm)、重さは616g。
使い方は簡単だ。4分割のパーツ(ウィング)を組立、その真ん中に水や食材を入れた器を置くだけ。太陽光の方向変化に合わせウィングの向きもその都度変えられ、冬時の浅い日差しでも効率的に集光できる設計が施されている。後は待つだけ、太陽熱とアルミ効果で出来上がる。キャンプ、バーベキュー、ピクニックなどに新たな楽しみが生まれる。また、子供に太陽エネルギーのパワーを教える教材としてもうってつけだ。さらに、非常時に備えるアイテムとしても注目。空き缶や空き瓶があればカップ麺や粉ミルクの湯が沸かせる。


4枚のウィングを組み立て食材を入れた器を真ん中に置く。太陽熱とアルミ効果で出来上がる。
 
器は家にある物ほとんどが使える。新しいレシピの発見もおもしろい。
 
湯沸し、ゆで卵、蒸しイモ、米炊きなどはもちろん、使い方次第で新しいレシピを見つけるのも楽しみだ。そのポイントは熱効率を良くするために器の外側に黒色のテープ(セットされている)を巻くこと。黒テープが貼れる空き缶、空き瓶、タッパー、鍋、コーヒーカップなどや、また、外側が黒い器であればほとんどのものが使えると言う。いろいろな食材、調理を試してみるのも楽しい。

[調理例]

湯沸し   ゆで卵   蒸しイモ   米炊き   ホットケーキ

キャンプやバーベキュ―の燃料といえば固形、炭、薪となるが、それに加え太陽熱とアルミ効果を利用するこの自然エネルギーだけでの調理は、まさに、大自然の恵みを受ける新たなアウトドアの楽しみ方になる。

■「エコソーラークッカー」の詳細は―
http://www.bestcarton.com/cardboard/box/0131.html


資料/写真提供:株式会社アースダンボール
 
 
 
 
copyright (C) kobelco all rights reserved.