新 こんなところにアルミ・銅

LED照明のヒートシンクに使われているアルミ

  LED照明は、消費電力が少なくて長寿命であることから照明器具の主流となっています。しかし、LEDの発光素子自身は比較的長寿命なのですが、熱による劣化が照明の寿命を短くするのだそうです。これは少し意外ですね。たしかに白熱電球は手をかざしただけで熱さを感じますが、LED照明は熱さを感じません。それなのに、なぜ、LED照明は熱に弱いといわれているのでしょうか。実は、LED照明は白熱電球などのように熱を光に変換して発光させる原理ではないので、LEDの光自体には熱はありません。しかし、光にならないエネルギーがLED素子から放出され、LEDの素子周辺と電源部はかなり高温になっているのです。そこで放熱が必要になってくるわけです。LED照明のほとんどには、電球の半分くらいを占めるヒートシンク(放熱板)という部分があり、これで熱を外に逃がしています。このヒートシンクの材料として多く使われているのがアルミニウムです。これはアルミニウムが熱伝導性に優れていることを応用したもので、凹凸を付けた複雑な形状をしているのは、放熱する面積を広げるためなのです。ただ放熱のためのヒートシンクですからさわると熱いです。従来使っていた照明器具でLED電球を使用する場合には、照明器具とヒートシンク部分が接したり、空間が少なくならないように注意する必要があるそうです。
一覧へ